中古住宅のフルリフォームにこだわらず新築住宅も要検討

最近では、中古住宅をリフォームしてマイホームとする人も増えています。
中古住宅をリフォームしてマイホームとする理由としては、
リフォーム技術の向上もさることながら、固定資産税の安さも注目されていますよね。

固定資産税は新築住宅よりも、中古住宅の方が当然安いものですから。
そしてまた、フルリフォームしたとしても、中古住宅の方が新築住宅よりも、
固定資産税は大分お安いのですよね。
ですから最近では、中古住宅をフルリフォームしてマイホームにする人が増えているのです。

しかし注意は必要です。
たとえリフォームをした中古住宅の方が固定資産税が安いとはいえ、
リフォームの費用もよ〜く考える必要がありますからね。
リフォーム費用は新築住宅を建てるよりも安いと考えている人もいますけれど、
「場合による」ところは大きいですから。

フルリフォームの費用によっては、建て直した方がかえってお安く、
そして手間も大分省けることはありますから。
ですから盲目的に「リフォーム」にこだわらずに、
中古住宅を崩して更地にしてから新築住宅を建てることも選択肢に入れておくのがいいでしょう。

今では新築住宅も随分と費用を抑えて建てられるようになっていますので、
リフォームをするよりもかえって安く抑えられることもありますからね。
ですから、土地付きの中古住宅を購入した際は、
頑なにリフォーム工事にこだわらず、新築で建てることも選択肢に入れておくのがいいでしょう。

PR|初値予想|工務店向け集客ノウハウ|お家の見直ししま専科|サプリメント|マッサージのリアル口コミ.com|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|女性向けエステ.com|心の童話|内職 アルバイト|生命保険の選び方|家計見直しクラブ|GetMoney|アフィリエイト相互リンク|JALカード|オーディオ|貯蓄|